災害に強い地デジアンテナについて

昔はテレビを見るというとアンテナを立てなければいけなかったのですが、 現在ではケーブルテレビや光テレビなどテレビの選択肢も増えています。 ケーブルテレビ各局では魅力的な海外ドラマなどバラエティ豊富な番組を放送しており、 どこに申し込みするか迷ってしまいます。 しかし日本のような地震が多い場所で最も安心なのは、実は地デジアンテナです。 ケーブルテレビは地震で電柱が倒れると、ケーブル線が崩壊してしまい、たちまち電波が届かなくってしまうからです。 しかし、地デジテレビの電波を受信するための地デジアンテナの工事がしっかりしてできていないと、 ケーブルテレビと同じように、災害時に大事な情報源を絶たれることもあります。 地デジアンテナ工事の基礎知識について、ご紹介します。
テレビ電波の地デジ化にともない全国に広まったケーブルテレビ。アンテナを建てなくても配線だけで見られて便利です。でも、本当のところはアンテナとどちらがお得でしょうか。 続きを読む
災害時に必要となる大事な情報源の地デジテレビが映らなくなる可能性があります。いざという時のためにも、どういった理由で映らなくなるのかを事前に知っておく必要があります。 続きを読む
地デジアンテナ工事をする際にも知っておきたいことといえばノイズについてです。ノイズについての原因を探ることも重要でして、それによってトラブル発生時に対策できます。 続きを読む
地デジアンテナ工事とケーブルテレビ工事には、両方ともにメリットがあります。比較することで自分にどちらが必要か知ることができるでしょう。共聴工事をするのもおすすめでしょう。 続きを読む
特定の部屋だけで電波障害が起こることも十分あり得ます。理由は様々ですが、地デジアンテナ工事が原因のこともあります。ケーブルの長さやアンテナの方向が原因のケースもあるでしょう。続きを読む
地デジアンテナを利用してテレビを見るときには、地デジアンテナ工事をすることになります。アンテナにはいろいろと種類があり、どれを選ぶかが重要です。素子数も把握しておいてください。 続きを読む
地デジアンテナを新築戸建ての家に取り付けるときには電波の状況も気にしましょう。せっかく取り付けても映らなければ意味がありませんし、テレビが満足に映らないこともあり得ます。 続きを読む
一般的に知られているアンテナには地デジアンテナやBSアンテナがあります。これらがどう違うのか知らない人もいます。周波数が違ったり形が違ったりなど、様々な違いがあります。 続きを読む
地デジアンテナは屋根に設置するものだと思いがちですが、実は屋根裏やその他の場所にも設置可能です。屋根に設置すると外観を損ねる可能性もあるため、その他の場所への設置もおすすめです。 続きを読む
多くの番組を見たい!マイナーなチャンネルもあると嬉しい!と感じているのであれば、地デジアンテナ以外にも、BSやCSのアンテナも設置すべきです。驚くほどたくさんの番組が見られます。 続きを読む
地デジアンテナ工事の重要性は誰もが理解しており、新築に移り住んだ際にも行うでしょう。ただこの業者選びで失敗すると、満足にテレビを見ることができなくなってしまうのです。 続きを読む
地デジアンテナを設置する際に覚えておきたいのは、いくつかの設置方法があるということです。屋根馬を用いて屋根上に設置したり、壁面に設置したり、ベランダなどに取り付けることもあります。 続きを読む
地デジアンテナを活用してテレビを見ていると、雨や雪の影響を受けてしまって映りが悪くなることがあります。もともとの受信感度が良好だと、雪などで画面が乱れることも少ないでしょう。 続きを読む
私たちが普段見ているテレビ番組は、地デジアンテナがあるから見られるのです。アンテナには種類がありますが、建築物の美観を損ねないスタイリッシュなデザインアンテナは近年人気です。 続きを読む
地デジアンテナ選びの際には、電界強度にも注意しましょう。そうでないと購入&設置したアンテナが機能せずに意味がありません。自宅の電界強度に応じたタイプのアンテナが必要です。 続きを読む
アンテナが原因で地デジ放送が映りにくいケースがあります。テレビの視聴に不具合が生じた際、アンテナのトラブルにはどのようなものが考えられるのでしょうか?ご紹介いたします。 続きを読む
悪天候の後に、それまで正常に映っていたテレビが映らなくなることが多々あります。考えられるのは地デジアンテナの故障やずれ、受信強度の面に問題が生じているなどです。 続きを読む
地デジの電波は専用計測器を使うことで正確に測ることができます。電波の強さに応じた地デジアンテナを選定する必要があるので、プロに測定してもらい、その後に設置してもらいましょう。 続きを読む
地デジアンテナの工事は簡単なようで難しいものです。いざ業者にお願いするとなっても、費用が気になる場合もあるでしょう。意外と安いですが見積もりをとることを忘れないでください。 続きを読む
地デジアンテナの設置を自ら行えると過信している人もいますが、簡単なものではありません。屋根に登るときや降りるときに怪我をするケースもあります。業者に依頼するのがベストです。 続きを読む
地デジアンテナの設置を自分でする時には配線についても気を配るようにしてください。危険性があることも重々承知して、できれば専門の業者に依頼するようにしてください。 続きを読む
地デジアンテナ設置などで起こりがちなのは、金銭的なトラブルや施工内容の問題です。ですがお電話でお気軽にお問合せ頂ければ、疑問に思ったこともすぐに解決出来、トラブル防止にもつながります。 続きを読む
地デジアンテナには八木アンテナ、フラットアンテナ、室内用のアンテナがあります。自分の好みだけではなく、しっかりと電波状態を調べたうえでどれにするか決めましょう。 続きを読む
地デジアンテナによるテレビ番組の視聴が一般的になったこともあり、ケーブルテレビの契約が不要になったケースもあります。ケーブル解約をして地デジ化するのも良いでしょう。 続きを読む
地デジ放送を見るために用いる地デジアンテナを設置する際には、受信状態を調べることが大事で、それに応じた方法でアンテナを取り付けます。これを怠ると映りが悪くなるかもしれません。 続きを読む
地デジアンテナ設置を個人で行うのであれば怪我をしない、きちんと設置するというのは当たり前です。ですが電波受信やその他の問題が起こり得ますから、注意をしたり対策をしてください。 続きを読む
地デジアンテナの取り付けを設置業者にお願いすると、専門用語ばかりで説明されてしまい、意味が分からないこともあるでしょう。専門用語を使わずに丁寧に説明をする業者が理想です。 続きを読む
現在市販の4KテレビはCSデジタルのみの対応なので、今後BSで4K放送を観る場合はチューナーの追加購入に加え、4K/8K試験放送対応のBSアンテナの設置をおすすめします。 続きを読む
アンテナの設置工事で後悔しないために、技術力があり施工経験の豊富な業者を選ぶのが重要です。そこで優良で信頼できる業者と避けた方がよい業者の見分ける方をご紹介します。 続きを読む
テレビが映らなくなってE202エラーというエラーが表示された経験はありませんか?E202エラーとは、放送電波がテレビに伝わっていない状態を示すエラーコードです。続きを読む
地デジアンテナは、放送電波の発信所や中継所の方向に向けて設置する必要があります。地デジアンテナを向ける方向は、インターネットやスマホアプリなどで調べる方法があります。続きを読む
ブースターとは、地デジアンテナが受信した放送電波を増幅するための機器です。電波を増幅することで、電波が弱いエリアや複数のテレビに分配している場合の受信レベルを安定させます。続きを読む
アンテナの位置や向き、天候などによりテレビがまともに見られない時があります。そんな時はレベルチェッカーを使用しアンテナレベルを計測し位置や向きなど調整などを行ないましょう。 続きを読む
ブロックノイズは電波の強度が弱いことによる電波不足と接触不良により発生します。接触不良はご自分で確認できる範囲で配線の確認や繋ぎ直しを行うのがいいと思われます。続きを読む
液晶テレビは「画面に縦線が出現してしまい快適に見ることができない!」というトラブルがよく起こります。こういった場合、誰でもスグにできる簡単な対処法をご紹介します。 続きを読む
地デジ放送はアナログ放送と比べて、高繊細な映像を視聴することが出来ます。その視聴において必要となる地デジアンテナは、大きなリスクを抱えています。 続きを読む
自宅のテレビで地デジを見る方法は、大きく分けると2つあります。ケーブルテレビは、自宅にインターネットやテレビを視聴するためのケーブルを引き込むので、アンテナを設置する必要がありません。 続きを読む
パソコンで地デジ放送を見ることができれば、わざわざテレビを買わなくて済む、というメリットがあります。パソコンで地デジ放送を見るには、専門的な知識がなくても簡単な手順で視聴することができます。 続きを読む
テレビアンテナが折れるなどの事態に陥ったときには素人の手で作業するのではなく、専門の業者に依頼したほうがリスクも少なく確実な作業をしてくれるためおススメと言えるでしょう。 続きを読む
テレビが映らないというケースではアンテナに原因があることも多々あります。配線やコンセント、ブースターなどに異常がないのならアンテナに原因がある可能性があります。 続きを読む
テレビアンテナの防風対策はある程度必要となりますが、素人ができることはまずありません。高所作業となるため危険もつきまといますから、専門業者に依頼して対策をしてもらうことです。 続きを読む
アナログ放送から地上デジタルになってから、テレビが映らなくなるときにE201と表示されることがあります。この数字の意味と、アンテナの対処方法についてご紹介します。 続きを読む
一般的に地デジアンテナの寿命は10年程度と言われています。しかし、工事に使うケーブルの種類や防水対策次第で長持ちさせることは可能です。具体的な工事のポイントを見てみましょう。 続きを読む
屋根裏にアンテナを設置するご家庭も増えてきました。電波の受信状況は改善されており、屋外に取り付けても快適に視聴できるからです。屋根裏に設置工事するメリットと条件をご紹介します。 続きを読む
地デジアンテナの設置工事には、アンテナ機器の値段などから考えると実費で2万円程度は必要になるので「地デジ9,800円」など相場からかけ離れた広告を提示している業者は信用できません。 続きを読む
最近では自分でも設置しやすいBSアンテナキットが販売されています。BSアンテナ設置で難しいのは方位角と仰角ですが、インターネットやスマホアプリなどを活用することで解決できます。 続きを読む
地デジアンテナで電波障害が発生した場合は、まずは機器と接続に異常がないかをチェック。機器や接続に異常がなければマルチパス障害や混信、アマチュア無線などによる電波障害が疑われます。 続きを読む
屋根の種類や外観、電波の状況、天候などを考慮してアンテナの種類を選択しなければいけません。アンテナの種類や設置方法を知っておくと、自分の希望を言いやすくなります。 続きを読む
アンテナの下に設置される台座のことを屋根馬といい、アンテナを固定し、補助をします。。アンテナが風や雪で倒れてしまう場合があるため、屋根馬はアンテナを取り付けるうえで必要になります。 続きを読む
自然災害によるアンテナへの被害は、火災保険が適用される場合があります。知らないと損をしてしまう可能性がありますので、加入している保険内容を一度確認しておくことが大切です。 続きを読む
せっかく外壁をリフォーム、新築、改築をしたのにアンテナが目立って雰囲気を台無しにしてしまう、そんなおしゃれにこだわる方のために生まれたのがデザインアンテナです。 続きを読む
アンテナを外に設置している家庭が多くありますが、最近は、突然の突風の発生によって倒れてしまう場合もあります。もし、倒れた場合の対処方法と、そもそもの原因の究明を考えていきましょう。 続きを読む
衛星放送を視聴するには宇宙衛星からの微弱な電波をキャッチして増幅させるパラボラアンテナが必須です。アンテナの取り付けは微妙な調整が必要なことからプロに依頼するのが早道です。 続きを読む
地デジアンテナの自作は、受信の仕組みや構造、工作や趣味としては面白いですが、それ以上ではありません。やはり受信の品質や安定性を求めるなら専門業者に依頼すべきでしょう。 続きを読む
より高く、より広い空間がある方が電波を捉えやすいため、一般的にアンテナは屋根の上に設置しますが、最近では屋根裏に設置するケースが増えており、その辺りの事情は変わってきています。 続きを読む
アナログ放送を受信するためのVHFアンテナは、地上デジタル放送に完全移行したことで不要になりました。不要になったアンテナを放置していると二次被害の原因になるため撤去しましょう。 続きを読む
電界強度とは電波の強さのことを言います。地域ごとに電界強度が異なるため、強さに応じて地上デジタルアンテナを選びましょう。電界強度を調べ、適切なアンテナを選ぶことが必要です。 続きを読む
“使用していないVHFアンテナがまだ設置されている状態であればVHFアンテナをFMラジオ用として転用することが可能です。FMラジオ用として再利用してみてはいかがでしょうか。 ” 続きを読む
電波の種類の中でも、一般的に使用されているのはUHFとVHFです。UHFとVHFは地上デジタル放送を受信するためのアンテナに使用されます。UHFは直進性が強いのが特徴です。 続きを読む
BSデジタル放送やCSデジタル放送は地上デジタル放送に加えて、より多くのテレビチャンネルを視聴することができます。CS放送を視聴するためには専用のアンテナやチューナーが必要です。 続きを読む
テレビを見る時には、アンテナが不可欠で、現在多くの種類や、価格帯のものが発売されていますが、ポピュラーなものは、八木式に分類されるものです。その他にデザイン型もあります。 続きを読む
室内用のアンテナがあれば、工事を依頼しなくても、地デジ放送が楽しめます。卓上のタイプのものであれば、受信状況を調べながらベストな位置に、簡単に移動させることができます。 続きを読む
テレビ放送には、地上デジタル放送の地上放送と、BS放送などの衛星放送とに分類されますが、番組を視聴するためには、それぞれに対応した専用のアンテナが必要となります。 続きを読む
地上デジタル放送を受信するためにはUHFアンテナが必要です。他に携帯電話の通信や、無線RANの通信も同じ周波数を使用します。 オールバンド対応のもののみ、地デジ放送を受信します。 続きを読む
テレビを快適に視聴したい場合は、屋根裏に設置、タブレットで視聴したい場合は、室内用のアンテナをテレビ端子に接続すれば驚くほど受診環境が良くなり、快適に視聴できます。 続きを読む
地デジアンテナを車に設置して、チューナーなどを用いることで、簡単に地デジのテレビを見ることができます。もともと地デジに対応しているカーナビを持っていなくても安心です。 続きを読む
八木式アンテナは全世界で評価された素晴らしいもので、超短波アンテナです。八木氏と宇田氏が研究をして作られたもので、長い歴史の間には軍事目的としても活用されました。 続きを読む
地デジアンテナとビルの関係性について理解しておくとアンテナの設置をする際に安心です。ビルによって電波障害を受けやすい立地であれば、専門業者に設置やアンテナの選定を依頼したいです。 続きを読む
地デジアンテナの信号に関するものにMER・BERがあります。これらを重視して地デジアンテナの設置を行うことによって、確実性の高い設置ができるので快適にテレビが見られます。 続きを読む
アンテナをサイドベースにつけることによって得られるメリットとデメリットは様々あります。それぞれの住宅によって適した設置場所は異なりますが、サイドベースによる方法もおすすめです。 続きを読む
通常、アンテナから電波を受信して地上波放送を見ていますが、電波が悪い場所では直接ケーブルを建物に繋げ、電波が安定して受信できるケーブルテレビが使用されていることが多いです。 続きを読む
デザイン性に優れている平面アンテナは、屋根の上に取り付け八木式アンテナと異なり、家の外壁に取り付けるため、見た目を邪魔しませんが、電波の受信が不安定になることがあります。 続きを読む
地デジに対応するとVHFアンテナからUHFアンテナに変更する必要があり、FMラジオが聴けなくなります。しかし、不要になったVHFアンテナをFMラジオ用に転用することができます。 続きを読む
足立区に住む時や、地デジが見れない時は電波の強さを確認する必要があります。その際は、アンテナ工事の業者に依頼しましょう。地デジが視聴できない原因を探るためには専門知識が必要です。 続きを読む
豊島区の高級住宅地などは、おしゃれなデザインアンテナがおすすめです。地デジ放送を視聴するためには、電波の受信状況が良い場所をアンテナ工事の専門業者に調査してもらう必要があります。 続きを読む
中央区に住む際に、注意しておきたいのは地デジアンテナの方向です。電波の受信感度はアンテナの方向が重要であるため、アンテナ工事の専門業者に正しい方向を調査してもらいましょう。 続きを読む
板橋区でアンテナ工事を行う際は、アフターフォローがある業者を選びましょう。しっかりとした業者を選ぶことで適正価格でのアンテナ工事と正確なアンテナ取り付けをしてもらうことが可能です。 続きを読む
地デジ放送を視聴するために電波状況やアンテナ工事、料金についてなどわからない人が多いです。江戸川区に住む人は地デジ放送を視聴するためのアンテナ工事や業者について知っておきましょう。 続きを読む
台東区に新築を建てる場合は、地デジ放送を視聴するためにアンテナ工事が必要になります。高所での作業になるため自分でアンテナを設置するのではなく、専門の業者に依頼しましょう。 続きを読む
住まいとして人気の江東区に住み始める人は、地デジ放送を視聴するためのアンテナ工事について知っておきましょう。アンテナは自分で設置せず、業者に依頼すると安心です。 続きを読む
品川区に住んでいて、地デジ放送が視聴できないという人がいたら様々な原因が考えられます。地デジを視聴するためには、電波塔や中継局に向けてアンテナ工事をする必要があります。 続きを読む

地デジの電波を専用計測器を使用して調査いたします

お客様の地デジ電波に合わせたアンテナ設置・工事

当社は地デジ専用計測器で最良の地デジ電波レベルを確認させて頂き、お客様の地デジ電波に合わせたアンテナ設置・工事を提案させて頂きますのでご安心下さい。

放送チャンネル一覧
安心の8年保証付き Hifiveはプロが行う安心施工。設置工事完了後もお任せください。

安心の8年保証致します。株式会社Hi-Fiveでは熟練のスタッフによる施工です。 施工完了後も安心してテレビを視聴して頂く為に8年間の保証をさせて頂いております。 施工完了後にスタッフより保証書をお渡し致します。 安心で快適なテレビライフをお過ごし下さい!

料金について アンテナ工事の流れ 一戸建て向け マンション・共同向け

お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。